★発見された近赤外線UV

日焼けの原因は紫外線だけじゃなかった?!近赤外線について
私たちを照らす太陽の光には、いろいろな光線が含まれていた!

最近は紫外線のみならず、近赤外線がお肌に与える影響についても研究が進んでいます。

ノンパラベン・無着色・無鉱物油☆SPF 50+ PA++++

シーランドピューノ アクアパラソル ニールモード 100g
日焼け止めスプレー

太陽から降り注がれる光は、波長の短い方から紫外線、可視光線(目で見ることができ、明るく感じる光)、赤外線と大きく3つに分けることができます。

可視光線の紫よりも波長の短い、紫の外側の光線を『紫外線』、赤よりも波長の長い、可視光線の外側を『赤外線』といいます。
紫外線は、さらに波長の短い順にUVC・UVB・UVAと分けることができます。

紫外線は、私たちの免疫力を高めたり、体内でのビタミンDを合成する際に必要だったりとメリットもありますが、お肌や髪、目などにダメージを与えることが分かっており、近年は紫外線から体を防御することが当たり前になってきています。

赤外線は、波長の短い順に近赤外線・中赤外線・遠赤外線と分けることができます。

なんと、地表に届く太陽光のうち、約50%を占めているのが近赤外線なのです。
近赤外線は、肉眼で見ることはできませんが、その温かさを感じることはできます
1800年、イギリス人のウィリアム・ハーシェルが、太陽光をプリズムに透過させたとき、可視光のスペクトルである赤色の外側が熱を持つことから、赤外線は発見されました。
近赤外線がお肌に与える影響とは?
近赤外線は、波長が長いため、紫外線よりもさらに奥深く、お肌や皮下脂肪を越え、筋肉組織にまで影響を及ぼしてしまいます。

一つ目は『糖化』があげられます。
近赤外線が照射されることによって、お肌の糖化が促進されることが分かっています。
糖化とは、コラーゲンなどのたんぱく質が、糖と結びつき、AGEs(最終糖化生成物)を作り出してしまうことをいいます。
変性を起こしたたんぱく質が体内に蓄積されると、様々な弊害が起こります。
お肌に蓄積されると、お肌が黄色くくすんだり、柔軟性を失ってシワやたるみの原因となったりしてしまうとの研究結果が報告されています。
『近赤外線対策をしっかりおこないたい!』
と思われる方は、近赤外線対応のアイテム↓をご使用ください!!


★近赤外線カットパウダー新配合の髪~全身用日焼け止めスプレーです!


1、近赤外線カットパウダー新配合!
  日焼け止めの新常識、肌の深部に影響を与える近赤外線もブロック。
2、国内最高基準!
  紫外線UV-A波、UV-B波も、もちろんブロック。
3、白浮きしない!つけた感覚がほとんどしないサラサラ肌!
  当社独自の新処方:サラサラ撥水パウダー配合で、使い心地MAX。
4、パラベン・フェノキシエタノールフリー、無着色、無鉱物油!
  刺激をおさえたやさしい処方で、お子様にも。

ロマンティックウッディムスクの優しい微香性
ヘアカラー褪色防止効果で髪にもOK
専用クレンジング不要でオフも簡単
足・背中へも楽々な逆さま使用OK
汗・水に強いウォータープルーフ携帯に便利な最適サイズ

  価格:1,944円